Y!オーサー

畑中ふう

大阪ではりきるTV番組ナレーター(ええ声ぇぇ~)

畑中ふう

大阪在住フリーのナレーター。 大阪のテレビ番組を中心に活躍中!はい、わりと頑張ってます^^「骨っこ食べて~」でお馴染?お気楽ゴン太の声は私です。

  • 参考になった339

  • こちらの記事は掲載が終了しています

    • 畑中ふう

      Yahoo!ニュース オーサー| 報告

      ナレーターで言えばプロトタイプとは細かいスキルを積み上げるていく前に、上手いなあと思うナレーションや語りを「音」としてトレースすることになるか。真似から入るということだけれど、考え方として「プロトタイプをまずは作る」という発想にしてみればいい。ビジネスマンならばプレゼンに活用できそうだ。「音」として捉えればリズムやテンポを作りやすくなるだろう。「うまく喋る」とはリズムとテンポ。そして実は「音階」なのだ。なんのこっちゃ?だと思うけれど、ポイントは「全体をまずは構成する」ということだろう。